yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです

冬のエアコン温度豆知識とちょっとした疑問

昨日は友人と遊びに行っていたのですが、帰ってきてからとっととお風呂に入ってベッドへダイブでした。なんでかへとへとだったんですよね。
これは歳のせ……い、いや、す、睡眠負債が溜まってるのかな!

そんな昨日のお話で、少し気になることがあったのでご報告(?)をば。

昨日は友人宅にお邪魔したのですが、外が寒いということでエアコンを付けておいてくれました。
が……。

……暑くないか……?

正直いってとても暑いのです。でも友人は平然としていました。
着ている服や座っている位置も関係があったのでしょうか。

それか普段自宅でエアコンを極力使用しないで、使っても温度をあまり上げないように心がけているからエアコンへの苦手意識が増していたのかも?

なにはともあれそれで気になったのです、エアコンの温度が。冬の温度ってどれくらいがいいのでしょうか。

環境省が推奨しているのはたしか20度程度でしたよね。でもこれじゃ寒いと感じることも多いです。我が家は21度ですので、だいたい推奨気温に近いかな。

ちなみにちょっとした豆知識を披露すると、エアコンというのは夏であれ冬であれ設定温度に達するまでが一番電力消費が多いといわれています。

つまりそこに達するまでがゆっくりだとそれだけ電気代がかかってしまう、といっても良いのでしょう。
そしてもったいないからとちまちま付けたり消したりしているとその都度設定温度まで室温をもっていく手間が生まれるので、それもまた電気代がかかる原因になってしまうのです。

要は自動運転で快適温度をキープするのが一番良い、ということなんでしょうね。

そんな知識はあるのですが、推奨云々関係なく家庭での一般的な平均はどれくらいなんでしょうかね、なんて少し気になった。そんなお話でした。