yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです。

着物の買取ってどこでできるの?相場はどれくらい?

最近色々なものを買い取りに出せるようになりましたよね。

昔は古本屋さんなどの本類が多かったような印象がありましたが、今では洋服に家電、スマートフォンにおもちゃなどとにかくなんでも売れる時代となりました。

そんな売れるものの中にちょっと悩ましいものもありますよね。
例えば着物。

着物の買取というものはどこでやっているのか、そして相場はいくらなのかなど、気になることがたくさんあるはず。
そこで、着物の買取を行っている場所や相場を調べてみました。

まずどこで買い取ってもらえるのか。

オフハウスなどのリサイクルショップでも買い取ってもらえる場合がありますが、専門的な人に見てもらえないのであまりおすすめはできないかも。

私が知っているオフハウスの中に和装の売り場面積がかなり広い店舗もあるので、そのようなお店ならば引き取ってもらえるかもですが、相場より低くなる可能性も少なくないかもしれません。

できるだけ高価買取を目指したいのであればインターネットなどでよく見かける買取業者が良さそうです。
ネット専門のなんでも買い取りますという場所もありますし、着物専門の業者もあるようですね。

どちらが良いというわけではなく、業者自体の評価によるようですのでその点は業者さんの選び方次第でしょう。
いろいろなポイントを比較しつつしっかり業者を選ぶことが大切。

そして気になる相場ですが、ざっと調べてみたところかなりピンキリといった様子。
着物自体の値段もかなり幅が広いですから、そうなっても無理はないですね。

買取大手のスピード買取さんいわく、例えば振り袖ならば2,000円~500,000円程度、友禅ならば3,000円~500,000円、訪問着ならば2,000円~500,000円程度などなど記載されていました。

本当にピンからキリまでですね(笑)

なぜこんなにも価格に幅が出るのかというと、歴史があり高級な着物の未使用品というのが少ないためでしょう。

未使用のものであればそれだけでかなりの価値がありますし、そこに作家物といわれる人間国宝などの有名な方が作ったものであったり素材や染の質が良いなど付加価値がつけば相応の価格となるのですね。

中古品でも状態が良く、作家物や正絹などの質のよい素材であれば高値が期待できるかもしれません。
本振袖や色留袖などの格が高いものもいいかも。

あと訪問着はかなり需要があるということで、作家物や有名ブランドのものでなくても高値で取引されやすいという話もありました。

あ、あとサイズが大きめ(最低でも155センチ以上)だと良いというのもみましたね。

更に大切なのが証紙。

素材や製作者などが記載された証紙があれば誰が見ても希少なものであるということがわかりますから、一気に評価が跳ね上がるそうです。

でもやはり買取相場に作用するのは保存状態が大きいようですよ。
シワやシミがなく、もちろん虫食いなどもなし。更に防虫剤のにおいやカビなどもないというのは大事です。

ちなみに専門買取業者の買取方法というのは主に3つ。

・店頭買取
・宅配買取
・訪問買取

ですね。
店頭買取はしっかり査定してくれる人を見られるのが魅力、宅配はとにかく楽、訪問も出向いてもらえるので楽かつ査定者の顔が見られるといったメリットがあります。

でも近場に店舗がなかったり、梱包中しわになってしまったり、悪い人が来るかもしれないといったそれぞれのデメリットもあるため、しっかりと調べて自分に合った方法を選ぶのがよさそうです。

なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、とりあえず着物買取の相場はピンきりなので無料査定に出してみるのが良いかもしれませんね!