yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです

コートのベルトを後ろで結ぶ時に定番な結び方といえば

お風呂上がりに乾燥対策としてやることが増えると、あぁ冬が近づいているなという感じがしますね。

そんななか、毎年悩む季節がやってまいりました。
そう、コートのベルトです。

毎年コートのベルトをどうやって処理してやろうかすごく悩むんです。

今年はいつもより悩むのが遅かったなと思ったのですが、いつも秋口にトレンチコートを着るのに今年はそれをすっ飛ばして冬用のコートになったからだなと思いました(笑)急に寒くなったからね、しかたないね。

ひとまず毎年挑戦しているダブルテールにしてみました。

f:id:yurikky:20171208222047j:plain

こんな感じです。
一応結び方を説明してみると、まずベルトを後ろで通して「一」の字状態にしておき、下方向に交差させます。このとき左右の長さを変えておき、長い方を上にしておきましょう。

そして交差させた長い方を穴に通しておいたもの、つまり背中にくっついているものですね。そこにぐるっととおします。
ちょっと長いかなとおもったらもう一周し、くるんとした時にできる輪っかに端っこを通してぎゅっとして完成です。

……いやー、言葉で説明すると最高にわけがわからないですね(笑)
もっと細かく写真を撮ればわかるのでしょうか、正直それでもうまく説明できる自信がないですなぁ。

そもそもこれで本当にあっているのかも些か怪しいですしね。
でも帰宅後も解けていなかったのできっと大丈夫なのでしょう(笑)

もっとちゃんと説明できる語彙力がほしいものです。

毎年ダブルテールですが、リボン結びやネクタイ結びも可愛らしいですし、今年はもっと色々な結び方に挑戦してみるのも良いかもしれませんね。