yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです

テレビで深海水族館をみて思いを馳せる

もう10月も二週目に突入したというのにまだセミが鳴いていました。もう秋なのにびっくりです。

明日も暖かいようですね。寒いのが苦手なので暖かさが続くのは嬉しいと思いつつ、秋服になかなかシフトしきれないのがもどかしいです。

そんなことを考えながら先程何気なくテレビをカチャカチャしていたら、沼津の深海水族館の特集的なものをやっていました。
閉館後の水族館に潜入、みたいな感じので、なかなかに貴重な映像だなと食い入るように見つめてしまいました。夜の深海魚なんて結構怖いでしょうね。

実は今年の夏に行ったんですよね、深海水族館。

お目当てはそう、シーラカンスです。
沼津深海水族館には冷凍されたシーラカンスが二体もいるんですよ。シーラカンス好きとしては死ぬまでに一度は見ておかなければならない案件です。

実は冷凍以外にも素材は忘れてしまいましたが何かでコーティングされたようなシーラカンスもいるんですよね。

でも実物を見た際、失礼ながらコーティングがてかてか過ぎて発泡スチロールで作った模型を樹脂コーティングしたような見た目になっているなと感じてちょっとおもしろかったです。
あれ、本物だったんだよ、ね?

勿論深海水族館はシーラカンスだけでなく、深海の様々な生き物がいました。
先のテレビにも出ていた巷で大人気のダイオウグソクムシも見ましたが、あの子達は以前別の場所でも拝見したことがあったのでちょっと見慣れた感がありました。

短い特集でしたが記憶を呼び起こすには十分でした。また行きたいですね。