yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです

山の日だけどお風呂は免疫力アップに良いという話をする

今日は山の日でしたね。あいにくの天気でしたが山登りをした方もいらっしゃったのでしょうか。

私はというと8月にもかかわらず少々肌寒さを感じたので、いつもより少し長めに湯船につかったりしていました。まだ8月なのに、夏なのに涼しすぎでは……。

夏はシャワーのみという方も多いのかもしれませんが、私は基本的に夏でも湯船につかりたい派です。別段お風呂が好きというわけでもないのですが、カラスの行水程度でもつからなきゃお風呂に入った気がしないのですよね。

そういえば湯船につかるという行為は免疫力を高めるためにも良いという話を聞いたことがあります。
湯船につかることで血管が開き、栄養やら老廃物やらをいい感じに循環させたり排出したりできるそうです。ストレス解消にもなるから心身ともに良いのだとか。

でもその条件が確か40℃くらいのお湯に20分位つかるといった内容だった気がします。40℃くらいならばいつもよりぬるいくらいなので問題ないですが、20分もつかっているのは大変ですね。半身浴だと更に長くなるようですから、なかなか実行するのは難しそうです。

体には良くないようですが、個人的には少し熱めのお湯にぱぱっと入るのが好きです。あのカーッとなる感じがたまりません。夏は夏でハッカ油を入れるのも好きです。そういえば今年はまだハッカ油使っていませんね、また夏らしい暑さが戻ってきたら使いましょう。

山の日と全く関係のない話になってしまいましたが、登山をしたあとの温泉はさぞ気持ちが良いでしょうし、なんとなくでもつながっているのかもしれないな、なんてちょっと強引ながら思ったのでした。