yurikkyの自由帳

モノだったりコトだったり、日常で気になるものを気になった時に綴っていく自由帳のようなブログです

パソコンの画面が真っ暗になったりタスクバーが動かなくなった

先日いつものようにパソコンのスイッチを入れたのですが、なんと画面が真っ暗。正確にいうと、タスクバーとマウスカーソルは映っているのに画面は真っ暗なのです。

タスクバーもCortanaの入力とWindowsマークしか出ておらず、クリックしても無反応でした。
これはまずいぞと思い、ひとまずスイッチを長押しして電源を落とし、もう一度電源を入れてみたのです。

しかし症状は変わりません。いろいろ調べてみたのですがいまいちよくわからず、これはパソコンを買い換えなければならないのかと少し焦ってしまいました。

とりあえずもう一度電源を入れ直そうと思いやってみると、今度はなんとか通常通り起動しました。
心底ホッとしましたがこれはちょっと注意深く様子を見ておく必要があるかもしれません。

そのあとはしばらく平和だったのですが、先程電源を入れると今度は画面は通常通り映っているのですがタスクバーが固まっています。
音量やショートカットなどが表示されていないし、画面の青みを軽減してくれるソフトも起動していないようですので完全にタスクバーが動いていないのでしょう。

そこでなんとか単語を工夫しながら調べてみた方法を試してみると、なんと再起動することなく元通りになりました。
やり方は簡単で、

1.タスクマネージャーを開く
2.プロセスタグで「エクスプローラー」を選択し、「再開」をクリック

たったこれだけでスッキリ元通りになったのです。ちなみにWindows7からアップデートした10です。
タスクマネージャーを開くにはタスクバーの上で右クリックでもいいですし、「Ctrl+Shift+Esc」でも大丈夫です。

なぜこうなるのか原因究明が急がれますが、ひとまず対処法がわかっただけで良かったかなと思います。